News & Views

がんを助ける裏切り者、脂質

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210641

原文:Nature (2021-03-11) | doi: 10.1038/d41586-021-00421-4 | Cancer aided by greasy traitors

Caroline Perry & Ulf H. Beier

がんは、免疫抑制性の制御性T細胞の助けがあれば、免疫系による破壊を回避できる。制御性T細胞の活性は、腫瘍環境では脂質産生経路に依存しており、この脆弱性を標的としたがん治療が可能かもしれない。

拡大する

enot-poloskun/iStock/Getty

制御性T細胞(Treg細胞)と呼ばれる免疫細胞は、免疫応答を選択的に低減させるT細胞サブセットである。Treg細胞による免疫応答の抑制は、炎症を促進するT細胞の活性化を抑制することや抗炎症因子を分泌することによって行われる1。このような免疫応答の抑制が重要なのは、自己免疫疾患で起こる機能不全の一種である、自身の体に対する免疫応答の開始を防ぐからである。しかし、Treg細胞は、CD8 T細胞(キラーT細胞としても知られる)など、がんを攻撃する免疫細胞も抑制してしまい、腫瘍にとって利益となる可能性がある。このほど聖ジュード小児研究病院(米国テネシー州メンフィス)のSeon Ah Limらは、腫瘍環境におけるTreg細胞の代謝依存性を特定し、Nature 2021年3月11日号306ページで報告している2。この知見から、Treg細胞が腫瘍環境で機能する仕組みが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度