News in Focus

最速の乱数生成器を開発

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210503

原文:Nature (2021-03-02) | doi: 10.1038/d41586-021-00562-6 | This is the fastest random-number generator ever built

Davide Castelvecchi

レーザーを使って毎秒250兆ビットの速度で物理的に乱数を作り出す装置が開発された。今後、必要な機能を1つのチップに載せた小さな素子ができるかもしれない。

Caoらが作った乱数生成器の半導体レーザーキャビティ(共振器)の走査型電子顕微鏡画像。キャビティは蝶ネクタイ形で、その長さ(画像の横方向)は400µm。レーザー光は、キャビティの膨らんだ曲線部分から広がったビームとして出る。 | 拡大する

Kyungduk Kim

レーザーを使ってこれまでで最速の毎秒250兆ビット(250テラビット)の速度で乱数を作り出す装置を、米国、フランス、シンガポールなどの共同研究グループが開発した。この装置は、量子力学的なランダム性を利用し、レーザー光強度のゆらぎから物理的に乱数を生成する。将来は、これに必要な機能の全てを1つのコンピューターチップに載せた小さな素子が作られるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度