News & Views

免疫細胞の代謝変化により老化した脳が障害される

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210543

原文:Nature (2021-02-04) | doi: 10.1038/d41586-021-00063-6 | Reversal of immune-cell shutdown protects the ageing brain

Jonas J. Neher

マクロファージと呼ばれる免疫細胞は、老齢個体では主要な代謝経路が遮断されることが分かっている。マウスでの研究だが、この状態にあるマクロファージの代謝を回復することで、加齢に伴う認知機能低下を軽減できることが分かった。

脳のマクロファージであるミクログリア (青)と、錐体細胞(赤)、アストロサイト(緑)。 | 拡大する

selvanegra/iStock/Getty

マクロファージと呼ばれる免疫細胞は、ほぼ全ての組織に見られ、器官の健康を維持し、疾患を引き起こす微生物に対する防御の最前線において重要である。マクロファージは、活性化されるとエネルギー需要が劇的に増加するため、エネルギーを産生するための2つの主要な代謝経路(解糖と酸化的リン酸化)のバランスを変化させる、あるいは増強することで、効果的な免疫応答を迅速に促進する1。スタンフォード大学医学系大学院およびスタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のParas S. Minhasらはこのほど、個体の老化に伴いマクロファージのこれらの代謝経路が遮断されると、マクロファージの機能が損なわれ、続いて脳の健康も顕著に損なわれることをNature 2021年2月4日号122ページで報告している2。この研究は、高齢者の脳の健康の維持だけでなく、同様のマクロファージの不適応状態がよく見られるとされるアルツハイマー病や敗血症などの疾患にも関係している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度