News & Views

タンパク質制限食による老化防止機構

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210446

原文:Nature (2021-01-21) | doi: 10.1038/d41586-020-03662-x | Anti-ageing effects of protein restriction unpacked

Cristal M. Hill & Matt Kaeberlein

動物を用いた2つの研究で、食餌からの分岐鎖アミノ酸の摂取を制限すると、mTORシグナル伝達経路が調節されて寿命が延びる可能性があることが示された。しかし、この食餌療法を人に推奨するには、さらなる研究が必要である。

ショウジョウバエとマウスの実験から、分岐アミノ酸BCAAの摂取を制限するとmTORの活性が抑えられて寿命が延びる可能性が示唆された。しかしながら、一般の人、特に65歳以上の健康的・活動的な人に、この食餌制限を推奨するには時期尚早である。 | 拡大する

食餌制限は寿命を延ばすためのツールとして使用できるという考えは、数十年もの間、老化研究の中心であり続けている。しかし、食餌制限が作用する機構や、特定の栄養成分の関与については分かっていない。このほど、老化には栄養素の1つのタイプである分岐鎖アミノ酸(BCAA)が重要であることを、マックス・プランク老化生物学研究所(ドイツ・ケルン)のJiongming Luらがショウジョウバエ1で、ウィスコンシン大学マディソン校(米国)およびウィリアム・S・ミドルトン記念退役軍人病院(米国ウィスコンシン州マディソン)のNicole E. Richardsonらがマウス2で明らかにし、Nature Aging 2021年1月号の60ページ73ページにそれぞれ報告している。これらの研究は、特定の食餌成分が老化に及ぼす影響についての理解を深め、また、これまでの観察を一貫性のあるモデルに結び付けた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度