News & Views

高解像度3D印刷をわずか数秒で

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210340

原文:Nature (2020-12-24) | doi: 10.1038/d41586-020-03543-3 | High-resolution 3D printing in seconds

Cameron Darkes-Burkey & Robert F. Shepherd

優れた特徴解像度と体積生成速度で3D固体物体を印刷できる、新たなボリューメトリック印刷技術が開発された。この方法は、2種類の光ビームを交差させることで生じる化学反応を利用している。

『スタートレック』の世界では、「レプリケーター」と呼ばれる複製装置を使い、わずか数秒で固体物質を出現させることができる。材料科学の進歩のおかげで、こうしたSF上の装置は我々が考えている以上に実現に近づいているのかもしれない。ボリューメトリック積層造形(VAM)と呼ばれるタイプの3D印刷は、容器に入った液体前駆体の中で、光を用いて物体を素早く固化させる方法である。今回、ブランデンブルク応用科学大学(ドイツ)の物理学者Martin Regehlyら1は、最大で25µmの特徴解像度と55mm3/sの固化速度で3D固体物体の印刷を可能にする、改良型VAM技術を開発し、Nature 2020年12月24/31日号620ページで報告した。この技術は、異なる波長の2本の光ビームを交差させて物体全体を固化させることから、交差を意味する「x」とギリシャ語で「全体」を意味する「holos」を組み合わせて「xolography」と名付けられた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度