News Scan

熱で見るヘビの“目”

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210329a

「ピット器官」の信号変換の仕組み。

クサリヘビには、熱で物体を捉える非常に高感度の視力がある。 | 拡大する

JONNE SEIJDEL/500PX/GETTY

クサリヘビやニシキヘビなど一部のヘビは、暗闇の中で獲物が放つ熱を感知して狩りをすることが知られている。しかし、この熱をどのようにサーマルイメージに変えて“見て”いるのだろうか? ヒューストン大学とラトガース大学(いずれも米国)の研究チームが提唱したモデルは1つの回答を示唆している。Matter に掲載されたこの論文は、熱を電気に変換する柔軟な人工素材の開発につながるかもしれない。そうした素材はセンサーや環境発電などに有用だろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度