News & Views

腫瘍が化学療法を回避する仕組みを根気よく調べる

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211141

原文:Nature (2021-08-26) | doi: 10.1038/d41586-021-02117-1 | A persistent look at how tumours evade therapy

Karen Gomez & Raul Rabadan

化学療法への抵抗性がどのように生じるかを理解すれば、より優れた抗がん剤治療につながる可能性がある。化学療法抵抗性には、化学療法を生き延びた腫瘍細胞である持続生残細胞が関与していると考えられている。今回、細胞の特徴を詳細に評価する方法が開発され、これによって持続生残細胞の起源が明らかになった。

化学療法を生き延びた持続生残細胞のうち一部は、化学療法中に再び細胞周期に進入して分裂し、増殖することができる。 | 拡大する

KATERYNA KON/SCIENCE PHOTO LIBRARY/Getty Images

がんは、一部の腫瘍細胞が化学療法を生き延びた場合に再発することがある。生き延びた細胞は持続生残細胞と呼ばれ、そのほとんどは治療薬の存在下で細胞分裂を停止した状態にあるが、ある細胞亜集団は治療中に細胞周期に再進入することができ、これによって増殖できるようになる。これまでの多くの研究は、治療抵抗性の基盤となる遺伝的機構に重点を置いたものであったが、最近のデータでは、持続生残状態が生じる際には非遺伝的な機構(クロマチンと呼ばれる、DNAとタンパク質の複合体の変化など)も役割を担っている可能性が示唆されている。このほどブロード研究所およびハーバード大学医学系大学院(米国マサチューセッツ州ボストン)のYaara Orenら1は、DNAバーコーディングと呼ばれる方法を用いて腫瘍細胞とその子孫細胞を追跡することで持続生残細胞の細胞系譜と遺伝子発現プロファイルを調べ、Nature 2021年8月26日号576ページで報告した。彼女らはこの研究で、異なる組織のさまざまな腫瘍の化学療法への抵抗性に、非遺伝的な可逆的機構が役割を担っていることを明らかにしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度