News in Focus

アフリカの言語で科学を論じる

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211112

原文:Nature (2021-08-18) | doi: 10.1038/d41586-021-02218-x | African languages to get more bespoke scientific terms

Sarah Wild

一般的な科学用語の多くは、アフリカの言語で表記することができない。アフリカ各地の研究者たちが、そんな状況を変えようとしている。

ウガンダの首都カンパラの教育実習生。研究者たちは、東アフリカで話されているルガンダ(ガンダ)語などのアフリカの言語に科学用語を増やしたいと望んでいる。 | 拡大する

EYE UBIQUITOUS/ALAMY

ズールー語には「恐竜」を意味する独自の単語がない。「微生物」に対応する単語としては「amagciwane」があるが、「ウイルス」や「細菌」を個別に表す単語はない。「クォーク」は「ikhwakhi(クワ・キと発音)」と表すが、「赤方偏移」に相当する単語はない。南部アフリカでは1400万人以上がズールー語を使用しているが、ズールー語を話す研究者や科学コミュニケーターは、「進化」という言葉ですらどのような単語で表すべきかについて、意見の一致をみていない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度