News & Views

地球マントル内の融けた岩石の分布を解明

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210138

原文:Nature (2020-10-22) | doi: 10.1038/d41586-020-02925-x | Melt mapped inside Earth’s mantle

Laura Cobden

地球の上部マントル内の融けた岩石(メルト)の位置と量が、地震波データの分析で分かった。この研究結果は、メルトの位置や量と地球のプレート運動が関係していることを示唆している。

地震波は、地球の大部分で、深く進むほど速度を増す。よく知られた例外は、深さ約2900kmにある、岩石のマントルと液体の外核の境界だ。地震波速度が遅い、もう1つの領域は、低速度層と呼ばれ、プレートの直下にある。この領域では、地震波の速度が突然、最大で10%低下する1。速度の低下は多くの要因で起こるため、この領域の起源については議論が続いてきた。リヨン大学(フランス・ビルールバンヌ)のEric Debayleらは、もう1つの観測可能量である地震波の減衰(エネルギー散逸)の測定と地震波速度の測定を組み合わせることにより、低速度層はマントルの部分溶融と考えるのが最も可能性の高い説明だということを示した(Nature 2020年10月22日号555ページ2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度