News & Views

最初に合成された遺伝子アルファベットの有力候補

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200933

原文:Nature (2020-06-04) | doi: 10.1038/d41586-020-01566-4 | How DNA and RNA subunits might have formed to make the first genetic alphabet

Kristian Le Vay & Hannes Mutschler

前生物時代(生命誕生前)の地球における核酸の起源の解明は、長年の課題である。今回、最新の実験によって、最初の核酸は、RNAサブユニットとDNAサブユニットが混ざった「アルファベット」を用いて情報をコードしていたという考えが裏付けられた。

遺伝的ポリマーであるRNAとDNAは、全ての生体系における情報保存の要であり、それ故、生命の起源に関するほとんどの仮説の核心となっている。こうした仮説の中で最も有名なのが、「RNAワールド」仮説である1。この説では、生命出現前の地球上においては、RNAが中心的な情報担体かつ生化学反応触媒であったと仮定している。しかし、ここ数年の研究(例えば参考文献2)で、最初の遺伝子系はRNAヌクレオチドとDNAヌクレオチドの両方を含んだ核酸分子に基づいていたが、その後徐々に自然に分離して現在のRNAとDNAに落ち着いた可能性が示唆された。今回、MRC分子生物学研究所(英国ケンブリッジ)およびヴロツワフ工科大学(ポーランド)のJianfeng Xuら3は、このRNA–DNA混合ワールドを裏付ける魅力的な実験結果をNature 2020年6月4日号60ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度