News in Focus

太陽に最も近い場所で撮影した太陽のクローズアップ写真

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200907

原文:Nature (2020-06-16) | doi: 10.1038/d41586-020-02136-4 | This photo of the Sun is the closest ever taken

Elizabeth Gibney

太陽観測衛星「ソーラー・オービター」が太陽表面から7700万kmの所で撮影した太陽の写真から、表面で躍動する多数の「キャンプファイヤー」が見えてきた。

太陽観測衛星「ソーラー・オービター」。 | 拡大する

ESA/ATG MediaLab/NASA

このほど、欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)を中心とする国際共同ミッション「ソーラー・オービター(Solar Orbiter)」が、最初の画像を公開した。2020年2月に打ち上げられたこの探査機は、地球からは観測が難しい太陽の極域を撮影し、その環境を調査するために、10種類の観測装置を搭載している。これまでで最も近い場所から撮影された太陽の画像は、コロナのあちこちにある小規模な太陽フレアを捉えていた。科学者たちは、このミニチュアの太陽フレアを「キャンプファイヤー」と呼んでいる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度