News in Focus

ポリネシア人ゲノムにアメリカ先住民との交流の証拠

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200913

原文:Nature (2020-07-08) | doi: 10.1038/d41586-020-02055-4 | Ancient voyage carried Native Americans’ DNA to remote Pacific islands

Ewen Callaway

ポリネシアの島々に最初に定着したのはアジアから東へ渡った人々だが、一部のポリネシア人は南米由来の遺伝的血統を有している。このほど、ポリネシアの島民のゲノム解析が行われ、アメリカ先住民と接触があったことが裏付けられた。

イースター(ラパ・ヌイ)島の石像。 | 拡大する

Andres Moreno-Estrada

ノルウェー人探検家トール・ヘイエルダール(Thor Heyerdahl)は、古代のポリネシア人が欧州人と出会う前にアメリカ先住民と接触していたという説を提唱したが、これまで検証できていなかった。現在までのところ、ポリネシアの一部の島に住んでいる人々のゲノムにはアメリカ先住民の血統の痕跡が認められており、古代の島民が何百年も前に南米出身者と出会って混血が生じたことが示唆されている。その接触は、イースター島(ラパ・ヌイ島とも呼ばれる)で起こった可能性が極めて高いと考えられていた。そこが南米に最も近いからだ。しかし、このほどNature 2020年7月23日号572ページに掲載された研究1は、古代のポリネシア人がアメリカ先住民と接触していたという古くからの未検証説を支持するだけでなく、そうした出会い、もしかするとたった1回の交わりが、大陸から数千km離れた島で起こったことを示唆している。

ポリネシアは、世界の中で人類の定着が大きく遅れた辺境の1つだった。アジアとオセアニアから島伝いに渡る集団がさらに東へ進み始めたのは、約1000年前のことであり、ポリネシアに人類が定着した過程が長年にわたり調べられてきた。

ポリネシアの島々に最初に定着したのがアジアから東へ渡った人々であることは、大量の考古学的、遺伝学的証拠が示しているが、その人々が南米人と接触したことを示す手掛かりも見つかっている。ポリネシア東部の各地では、アンデスの高地が原産のサツマイモが生育し、18世紀以降のポリネシアのサツマイモ標本は、南米沿海部の品種と共通の遺伝子マーカーを有している2。2014年のゲノム研究では、現在のラパ・ヌイ島民の祖先がアメリカ先住民との間に子をなしたことが明らかにされたが3、同島や仏領ポリネシアの別の島で古い人骨から得られたDNAにはそのような証拠が認められなかった4,5

交わった血統

調査の幅を広げるために、国立生物多様性ゲノミクス研究所(National Laboratory of Genomics for Biodiversity;メキシコ・イラプアト)の集団遺伝学者Andrés Moreno-Estradaが率いる研究チームは、現在のラパ・ヌイ島民166人と、太平洋に広がる十数島の188人について、DNAの解析を行った。その結果、アメリカ先住民の血統は、ラパ・ヌイ島だけではなく、パリサー諸島、北マルキーズのヌクヒバ島、南マルキーズのファトゥヒバ島、そしてマンガレバ島といった絶海のポリネシア東部の島々の住民にも見いだされた。この遺伝物質をアメリカ先住民集団のものと比較すると、コロンビアの在来集団であるゼヌ族(Zenu)のDNAがポリネシア人たちのものに最も近いことが示唆された。

そしてMoreno-Estradaらは、その2つの集団が子をなした年代を明らかにしようとした。コロンブス到来以前の両集団の接触を、南米とポリネシアの欧州人入植から数世紀の間に起こった混血と区別するためだ。世代を経るほど短くなる共通のDNA領域の長さに基づいて、絶海のポリネシア東部の人々が南米人との間に子をなしたのは西暦1150~1230年であることを導き出した。一方、ラパ・ヌイ島民の混血は、西暦1380年に近いと推定された。また、18~19世紀の混血の証拠も発見された。

ポリネシア人が南米の沿岸まで航海したという説も唱えられている。しかしMoreno-Estradaは、接触が起こったのはポリネシアであり、関わったアメリカ先住民集団は1つだったのではないかと考えている。アメリカ先住民の血統の出現は島が違っても年代は近かったことが割り出され、別の解析では、ポリネシアの異なる島々の住民のゲノムに含まれる南米人DNA領域が、同一のアメリカ先住民の人々に由来すると見られることも明らかになった。Moreno-Estradaによれば、その頃のメキシコとエクアドルの間に海の交易路があったことを示唆する考古学的証拠があるという。「アメリカ先住民の船乗りが乗った小さないかだが、太平洋に流されたのかもしれません」。

拡大する

Paul Wallin Nature 583, 524-525 (2020)

Moreno-Estradaは、西暦1200年ごろにラパ・ヌイ島に定着したポリネシア人がすでに南米人の血統を持っていたと考えている。しかし、ウプサラ大学(スウェーデン)の考古学者Paul Wallinは、その後の時代にもアメリカ先住民集団が南米からラパ・ヌイ島へ渡った可能性は否定できないと考えている。Wallinは、ラパ・ヌイ島で南米のものに似た大きな石像が最初に建てられたのは西暦1300~1400年のことで、他のポリネシアの島々よりも数百年早かったことを指摘する。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(米国)の人類遺伝学者Lars Fehren-Schmitzは、「その結果はとても説得力があります」と話す。これまでのラパ・ヌイ島への注目が過剰だったのであり、接触がポリネシアの別の島で起こっていたとしてもおかしくはない、とFehren-Schmitzは考えている。

チュービンゲン大学(ドイツ)の古ゲノム学者Cosimo Posthは今回の論文について、「とても興味深い話です」と語る。Posthの研究チームは、その2つの血統が混ざった古い島民の骨を求めて、その地域で探索を行っている。長い航海をしてきた南米の人々の骨が見つかれば、なおよいかもしれない。「この謎を解けるのは、ポリネシア東部の古いDNAだけなのです」とPosthは話す。

(翻訳:小林盛方)

参考文献

  1. Ioannidis, A. G. et al. Nature https://doi.org/10.1038/s41586-020-2487-2 (2020).
  2. Roullier, C., Benoit, L., McKey, D. B. & Lebot, V. Proc. Natl Acad. Sci. USA 110, 2205–2210 (2013).
  3. Moreno-Mayar, J. V. et al. Curr. Biol. 24, 2518–2525 (2014).
  4. Fehren-Schmitz, L. et al. Curr. Biol. 27, 3209–3215 (2017).
  5. Posth, C. et al. Nature Ecol. Evol. 2, 731–740 (2018).

キーワード

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度