Feature

変動する研究対象

これまでに数千人の研究者が新型コロナウイルス研究に急遽参入しており、その多くが今後もコロナ研究を続けたいと考えている。

拡大する

ILLUSTRATIONS BY THE PROJECT TWINS

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200826

原文:Nature (2020-06-11) | doi: 10.1038/d41586-020-01525-z | The pandemic mixed up what scientists study – and some won’t go back

Elizabeth Gibney

ゲーテ大学フランクフルト(ドイツ)の理論物理学者Roser Valentíは、普段は量子物理学を用いて物質のエキゾチックな状態を解明する研究をしている。けれども2020年5月、彼女はモデリングのスキルを駆使して、これまでとは異なる類いの問題に取り組んだ。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)によるパンデミックの時間発展のシミュレーションだ。「今回のパンデミックで、私たちがこれまで日常的に行っていた研究は重要性を失いました」と彼女は言う。「今起きていることを理解するために、自分たちにも何か貢献できないだろうかと考えたのです」。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度