News in Focus

FBIとの関係を深める米国の大学

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200607

原文:Nature (2020-03-12) | doi: 10.1038/d41586-020-00646-9 | Universities are forging ties with the FBI as US cracks down on foreign influence

Nidhi Subbaraman

米国の大学は、中国が研究成果を横取りしているという米国政府の姿勢に対応するため、FBIとの関係を強めている。

2020年1月30日、保釈され、米国マサチューセッツ州ボストンの裁判所を後にする、ハーバード大学教授の化学者Charles Lieber。 彼は、中国の人材募集プログラム「千人計画」への参加について虚偽の報告をした容疑で同月に逮捕された。 | 拡大する

Jonathan Wiggs/The Boston Globe via Getty Images

米国政府は、中国が人材募集計画を使って米国の科学研究成果を横取りしているという姿勢を強めている。そうした状況に対応するため、米国の各大学は連邦捜査局(FBI)との関係を深めていることが、Nature がこのほど大学副学長らに電子メールで尋ねた調査で分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度