News in Japan

「つくばモデル」でSociety 5.0の実現へ

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200424

科学研究が社会を大きく左右する昨今、不確実な未来を見通して対策を講じるには産官学による連携が必須だ。そうした中、筑波大学は立地、設備、国際性などを生かし、トヨタ自動車と共にSociety 5.0実現に向けたプロジェクトを進めている。同大学が考える産官学連携について、内田史彦教授(国際産学連携本部)と柳沢正史教授(国際統合睡眠医科学研究機構)に聞いた。

–– トヨタと協働して、学内に未来社会工学開発研究センターを立ち上げられた経緯とは?

水素バスによるモバイル睡眠研究施設。トヨタ自動車と共同研究を進めている。 | 拡大する

内田:科学技術政策の柱となる国家戦略として、内閣府が「仮想空間と現実空間を融合させた未来社会(Society 5.0)の実現」を2016年度からの科学技術基本計画(第5期)にて提唱しています。Society 1.0が狩猟時代、2.0が農耕、3.0が工業、4.0が情報(現代)で、5.0はサイバー空間とフィジカル空間の融合を想定した未来社会を指します。実現に向け、産業界が5つのカテゴリーを設けました。そのうちの1つである「地方」については、トヨタ自動車が担当することになりました。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度