News in Focus

スーパーコンピューターで古生代の生物多様性を探る

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200408

原文:Nature (2020-01-16) | doi: 10.1038/d41586-020-00117-1 | Supercomputer scours fossil record for Earth’s hidden extinctions

Ewen Callaway

最先端の計算技術で膨大なデータを解析することで、太古の生物多様性の変遷が3億年もの期間にわたり驚くべき精度で描き出された。

動物の爆発的な多様化事象として知られる「カンブリア爆発」後の海の様子。今回の研究では、この事象のこれまで知られていなかった詳細も明らかになった。 | 拡大する

dottedhippo/iStock /Getty Images Plus/Getty

古生物学者たちが見ている地球史の全体像は、実に大まかなものだ。それは、化石記録が不完全で年代測定法が不正確なために、数百万年にわたって続くそれぞれの地質年代区分の中で個々の進化的事象の時期を絞り込むのが難しいことに起因する。今回、南京大学(中国)の古生物学者Jun-xuan Fan(樊隽軒)率いる研究チームは、世界4位の演算能力を持つスーパーコンピューター「天河2号」を用いた解析により、その精度を大幅に改善させた。彼らは、カンブリア紀から前期三畳紀(約5億4000万~2億5000万年前)に生きた計1万1000種を超す海生無脊椎動物の化石データベースを探索し、それらの多様化や大量絶滅といった事象の時期と傾向を、古生代の全ての地質年代において約2万6000年という高い時間分解能で明らかにしたのである。この成果はScience 2020年1月17日号で報告された(J.-x. Fan et al. Science 367, 272–277; 2020)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度