News in Focus

二酸化炭素を食べて増える大腸菌の作出に成功

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200303

原文:Nature (2019-11-27) | doi: 10.1038/d41586-019-03679-x | E. coli bacteria engineered to eat carbon dioxide

Ewen Callaway

糖ではなく二酸化炭素を栄養源として使って増殖することのできる大腸菌が、10年以上の研究の末に作製された。この画期的な大腸菌は、環境負荷の少ない燃料や食糧の生産を切り開くかもしれない。

モデル細菌Escherichia coli。 | 拡大する

SPL/Getty

大腸菌(Escherichia coliE. coli)は、実験室で非常によく使われるモデル細菌である。今回、ワイツマン科学研究所(イスラエル・レホボト)のシステム生物学者Ron Miloらは、炭素源として糖などの有機分子ではなく二酸化炭素(CO2)を摂取して増殖する大腸菌株を作製し、2019年11月27日にCell で発表した(S. Gleizer et al. Cell 179, 1255–1263; 2019)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度