News Scan

睡眠中にひらめき誘導

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200221a

問題の記憶を睡眠中に活性化すると解決につながるかも。

睡眠中に音を使って問題の記憶の活性化すると、解決法を編み出すことができるかもしれない。 | 拡大する

LESLEY MAGNO/MOMENT/GETTY IMAGES PLUS/GETT

問題が解けずに行き詰まったら、とにかく意識的に考えるのをやめるのが一番良い場合がある。過去の研究では、休憩や短時間の昼寝は、脳が解決法を編み出す助けになる場合があることが示されている。いわゆるインキュベーション(孵化)効果だ。最新の研究は、睡眠中に音の合図を使って問題に意識を向けることによって、この効果を拡張した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度