News in Focus

C型肝炎ウイルスの発見にノーベル医学・生理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201202

原文:Nature (2020-10-05) | doi: 10.1038/d41586-020-02763-x | Virologists who discovered hepatitis C win medicine Nobel

Ewen Callaway & Heidi Ledford

肝臓に致死的な疾患を引き起こすウイルスを突き止めた、ハーベイ・オルター、マイケル・ホートン、チャールズ・ライスの3氏が共同受賞した。

(左から順に)ハーベイ・オルター、チャールズ・ライス、マイケル・ホートン。 | 拡大する

NIH HISTORY OFFICE; JOHN ABBOTT/ROCKEFELLER UNIV.; RICHARD SIEMENS/UNIV. ALBERTA

C型肝炎は肝硬変や肝臓がんに進行することも多い疾患だが、その原因ウイルスを突き止めた3人の科学者に2020年のノーベル医学・生理学賞が授与された。受賞者は国立衛生研究所(米国メリーランド州ベセスダ)のハーベイ・オルター(Harvey Alter)、現在はアルバータ大学(カナダ・エドモントン)に所属しているマイケル・ホートン(Michael Houghton)、そして現在はロックフェラー大学(米国ニューヨーク)に所属しているチャールズ・ライス(Charles Rice)の3氏。

世界保健機関(WHO)の推計によれば、世界中で7100万人が慢性C型肝炎に罹患しており、それが原因で毎年40万人近くが主に肝硬変または肝臓がんにより死亡している。

オックスフォード大学(英国)で肝臓病学と免疫学を研究しているEllie Barnesは、今回の受賞は当然の評価だと言う。「科学の偉大な力を象徴するような傑出した業績です。今ではC型肝炎のほとんどの患者を治すことができるようになったのですから」と彼女は話す。3人の受賞者は1000万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)の賞金を分け合うことになる。

血液を介して伝染する病原体

1970年代、オルターは輸血後に起こる肝炎の伝染性を研究していた。それまでの研究でA型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスが同定されていたが、オルターは第3のウイルス性病原体が血液を介して肝炎を伝染させることを、チンパンジーを使った実験で証明した。

カイロン社(米国カリフォルニア州エメリービル)で働いていたホートンと同僚たちは、感染したチンパンジーから分離した遺伝物質に基づいてウイルスを同定し、それがフラビウイルス科に属する新しいRNAウイルスであることを示した。彼らはそれをC型肝炎ウイルスと名付けた。

当時ワシントン大学(米国ミズーリ州セントルイス)で研究を行っていたライス率いるチームは、C型肝炎ウイルスの複製に関わるゲノム領域を遺伝子工学の手法で解明し、肝臓病を引き起こす上で同ウイルスが果たす役割を明らかにした。

オルターは記者会見で、カイロン社の研究者たちがC型肝炎ウイルスゲノムのごく小さな断片のクローニングに6年かかったことを指摘し、「最近は、すぐに結果を出さなければ資金を得るのは難しい。今の時代、特に若い人たちにとって、研究を続けていくことは当時よりずっと難しい」と述べた。

今回の受賞者をはじめとする研究者たちの研究成果は、C型肝炎の検査と治療の大幅な改善につながった。旧来の治療法は副作用が多い上に効果が低く、この10年間でウイルスを直接阻害する薬剤を用いた治療が取って代わった。抗ウイルス薬はほぼ全てのC型肝炎患者を治癒させることができる。ただ、高価なため使用できない国も多いのが現状だ。

WHOは2030年までにC型肝炎ウイルスを根絶するという目標を掲げているが、それは達成可能だろうとBarnesは言う。そのためにはワクチンが必要かもしれないとも、彼女は付け加える。しかし、C型肝炎ワクチンの開発は遅々として進んでいない。その理由の1つは、ウイルスが持つ狡猾な性質にある。C型肝炎ウイルスの各株の遺伝学的特徴は大きく異なっていることだ。Barnesの推定によれば、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)と比較しても10倍以上の多様性があり、ましてやCOVID-19を引き起こすコロナウイルスとは「比べものにならないほど」多様だという。それに加えて、臨床試験の難しさもある。C型肝炎ウイルスに対して最も脆弱な集団で実施するからだ。

Barnesは、こうした問題はいずれも克服できないものではないと話す。「ウイルスは30年前に発見されました。でもワクチンはまだありません。C型肝炎にかかって亡くなる人が今でもいます。その意味で、物語はまだ終わっていないのです」

(翻訳:藤山与一)

キーワード

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度