News in Focus

米国大統領選挙、バイデン氏の辛勝に科学者は安堵

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201211

原文:Nature (2020-11-07) | doi: 10.1038/d41586-020-03158-8 | Scientists relieved as Joe Biden wins tight US presidential election

Jeff Tollefson

トランプ氏による反科学政策を軌道修正する機会をつかんだバイデン氏。しかし、分断された国家を継承した彼の前途には困難な道のりが待ち受けている。

ジョー・バイデン氏が第46代米国大統領に就任することが決まった。 | 拡大する

Jim Watson/AFP/Getty

ジョー・バイデン(Joe Biden)氏が第46代米国大統領に就任することが決まり、世界中の科学者が安堵のため息をついた。しかし不安が解消されたわけではない。米国民の半数近くが、科学と科学機関の土台を崩すような行動を繰り返してきた現職のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に投票しているからだ。バイデン氏が2021年1月から舵を取る国は政治的対立を抱えており、その仕事は非常に難しいものになるだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度