News & Views

エイズを発症しない人々のHIVゲノムは深い眠りについている

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201238

原文:Nature (2020-09-10) | doi: 10.1038/d41586-020-02438-7 | HIV enters deep sleep in people who naturally control the virus

Nicolas Chomont

HIV感染者のごく一部は、抗レトロウイルス療法を受けなくてもウイルスを制御し続けている。今回、こうした人々では、宿主ゲノムに組込まれたウイルスDNAが完全に転写抑制された状態にあることが分かった。

血中に存在するHIVウイルスのイメージ画像。エリートコントローラーでは、こうした複製能力のあるHIVが検出されない。 | 拡大する

SPL-SCIEPRO/Brand X Pictures/Getty

革新的な抗レトロウイルス療法(ART)の登場で、我々はHIVを制御下に置くことができるようになった。しかし、ARTによって病気を治癒させることはできない。HIVゲノムは宿主DNAに組込まれ、ARTが数十年にわたって奏功した後も、静止状態で細胞内に潜伏することができるからだ1–3。このような「ウイルスリザーバー」からHIVのリバウンドが起こるのを防ぐためには、ARTを生涯にわたって継続しなければならない。けれども、HIV感染者のごく一部(0.5%未満)は、ARTなしでウイルスの複製を制御している(エリートコントローラーと呼ばれる)。こうした人々を研究することで、HIVのリバウンドを防ぐ方法を見いだせるのではないだろうか? このほど、ラゴン研究所およびブリガム・アンド・ウィメンズ病院(米国)のChenyang Jiangら4は、エリートコントローラーのウイルスリザーバーと、ARTを受けているHIV感染者のウイルスリザーバーを比較した結果について、Nature 2020年9月10日号261ページで報告した。この研究から、エリートコントローラーは、HIVが再活性化しにくい小さなリザーバーに関連していることが示唆された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度