News

NASAの探査車「パーサビアランス」が火星へ

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201106

原文:Nature (2020-07-30) | doi: 10.1038/d41586-020-02257-w | NASA has launched the most ambitious Mars rover ever built: here’s what happens next

Alexandra Witze

現在火星に向かっているNASAの探査車「パーサビアランス」は、将来、別の探査機に持ち帰らせるための火星の岩石試料を密封して保存する他、火星の音を初めて人類に届ける予定だ。

米国フロリダ州のケープ・カナベラル空軍基地からアトラスVロケットで打ち上げられるNASAの火星探査車「パーサビアランス」。 | 拡大する

JOEL KOWSKY/NASA

これまでに打ち上げられた火星探査車の中で最も大きく、最も複雑な探査車が、現在、火星に向かって飛行中だ。アトラスVロケットに積み込まれたNASAの火星探査車「パーサビアランス(Perseverance)」は、2020年7月30日の午前7時50分(現地時間)にフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地から打ち上げられた。パーサビアランスは、火星から史上初めて地球に持ち帰るための岩石試料の収集を行う他、古代の地球外生命の痕跡を探し、火星で初めてヘリコプターを飛ばし、マイクを使って火星の音を捉えることにも初挑戦する。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度