News & Views

芳香環から出発しない型破りなアニリン合成法

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201142

原文:Nature (2020-08-06) | doi: 10.1038/d41586-020-02283-8 | Reactions for making widely used aniline compounds break norms of synthesis

Valerie A. Schmidt

ベンゼン環などの芳香環を含む有機化合物の合成では、既存の芳香環を構成要素として、そこから分子を組み立てることが多い。今回、芳香環を反応の過程で形成するという革新的な方法で、極めて有用なアニリン類を合成できることが示された。

数十年にわたる研究の結果、化学者たちは、安価で広く入手可能な構成要素を利用して、多種多様な有機分子を高収率で簡潔に合成するための一連のツールを手に入れた。反応に使える構成要素に関してはほぼ概念が確立されており、それを覆すような新しい反応が報告された場合、その反応は「ゲームチェンジャー」となる可能性がある。今回、マンチェスター大学(英国)のShashikant U. Digheら1Nature 2020年8月6日号の75ページで報告したアニリン類の合成法は、まさにその好例といえる。彼らは、これまで必須な構成要素とされてきた芳香環を使わずに、光と2種類の遷移金属触媒を組み合わせてアニリン類を合成するという、画期的な方法を開発したのである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度