News & Views

タンパク質分解誘導薬の適用範囲が広がった

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201136

原文:Nature (2020-08-13) | doi: 10.1038/d41586-020-02211-w | New class of molecule targets proteins outside cells for degradation

Claire Whitworth & Alessio Ciulli

細胞の内部でタンパク質の分解を誘導する分子は、これまでにも作製されている。今回、新しいクラスの分子によって、膜タンパク質や細胞外タンパク質の分解が誘導可能になり、創薬への道が開かれた。

拡大する

URFINGUSS/ISTOCK/GETTY

ほとんどの薬剤は、標的タンパク質の特定の部位に結合することで、そのタンパク質の機能を阻害あるいは調節する作用を及ぼす。しかし、多くのタンパク質の活性は、この方法では変化させることができない。一方、タンパク質を他の分子に近づける作用を持つ新しいクラスの薬剤は、従来とは異なる方法でタンパク質の機能を変化させる1–3。このような手法の1つでは、タンパク質分解誘導薬と呼ばれる薬剤分子を用いて、標的タンパク質へ別の低分子量タンパク質ユビキチンのタグ付けを促進する。タグ付けされたタンパク質は、細胞のプロテアソーム装置によって小さなペプチド分子に分解されるが、ユビキチンを介した分解経路は細胞の内部で機能する。このため、これまでに開発されたタンパク質分解誘導薬は、主に細胞内の標的を分解するものであった。このほどスタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のSteven M. Banikら4は、従来とは異なる機構により細胞外タンパク質や膜結合型タンパク質を標的として分解する道を開き、Nature 2020年8月13日号291ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度