News

議論激しい米大陸到達時期に新説を投げ掛ける石器

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201006

原文:Nature (2020-07-22) | doi: 10.1038/d41586-020-02190-y | Controversial cave discoveries suggest humans reached Americas much earlier than thought

Colin Barras

発掘された石の遺物は、人類が米大陸に3万年以上前に居住していたことを指し示していると研究チームは考えている。しかし、その説に異論がないわけではない。

チキウイテ洞窟(メキシコ)での発掘と、この遺跡で見つかった石器の1つ。 | 拡大する

MADS THOMSEN

メキシコ中部の山中にある洞窟の発掘で、人類が3万年以上前にその地に居住していたことを示す証拠が出土した。このことは、人類の北米到達が従来の想定を1万5000年以上さかのぼることを示唆している。この研究結果はNature 8月6日号93ページに掲載された(C. F. Ardelean et al. Nature http://doi.org/d4wz; 2020)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度