News & Views

岩石の風化で大気中のCO2が除去される

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201034

原文:Nature (2020-07-09) | doi: 10.1038/d41586-020-01965-7 | Removal of atmospheric CO2 by rock weathering holds promise for mitigating climate change

Johannes Lehmann & Angela Possinger

岩石の風化を促進することによって、大気中の二酸化炭素が大量に除去される可能性がある。現在この方法は、コストとCO2除去能力の面で、他の戦略と同じくらい有望のようだ。

地球温暖化の緩和目標を達成するには、大気から二酸化炭素(CO2)を大量に除去することが必要となる。このほど、大気中のCO2を除去するための国際的戦略として、土壌での「岩石風化促進法(enhanced rock weathering)」に大きな技術的、経済的可能性があることを、シェフィールド大学(英国)のDavid J. BeerlingらがNature 2020年7月9日号242ページで明らかにした1。玄武岩や鉄鋼スラグなどの工業用ケイ酸塩材料は、破砕して土壌に添加すると徐々に溶解し、CO2と反応して炭酸塩を生じる。炭酸塩はそのまま土壌中にとどまることもあれば、海まで流されることもある。Beerlingらの主張によれば、この技術によって毎年5億~20億tのCO2が大気から除去されるという。この速度は、土壌中に有機炭素を蓄積させる、炭素を捕捉し地層中に隔離する、土壌へバイオ炭(炭素分の多い素材)を投入するといった、陸地を利用した他のCO2除去法2と同等だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度