News

ブラジルの博物館で相次ぐ火災、改革を求める声

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201008

原文:Nature (2020-07-01) | doi: 10.1038/d41586-020-01990-6 | Second Brazilian museum fire in two years reignites calls for reform

Emiliano Rodríguez Mega

リオデジャネイロの国立博物館の火災から2年も経たないうちにミナス・ジェライス連邦大学の自然史博物館でも火災が発生した。研究者たちは、極めて貴重な標本や遺物を失う痛みに再度苦しんでいる。

ミナス・ジェライス連邦大学(ブラジル)の火災では、植物や動物、ヒトの標本の保管に使われていた数部屋が焼失した。 | 拡大する

ROGERIO PATEO/NAV/DAA UFMG

2020年6月15日、ブラジル南東部のミナス・ジェライス州にある博物館で火災が発生し、その一部が焼失した。研究者たちは今、焼け跡の灰を丹念に選り分けている。ブラジル各地の博物館に火災の恐れがあることは、以前から再三警告されていた。おまけに、リオデジャネイロにある有名な国立博物館が大火事により全焼してからまだ2年も経っていない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度