News & Views

代謝と遺伝子を結び付ける乳酸

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200141

原文:Nature (2019-10-24) | doi: 10.1038/d41586-019-03122-1 | Histone lactylation links metabolism and gene regulation

Luke T. Izzo & Kathryn E. Wellen

細胞では、ヒストンタンパク質の化学的修飾により、遺伝子発現の一部が調節される。今回、乳酸分子に由来するラクチル化が発見され、細胞で遺伝子発現と栄養の代謝を結び付ける経路が明らかになった。

拡大する

HENNING DALHOFF/BONNIER PUBLICATIONS/SPL/GETTY

細胞の代謝では、栄養の取り込み、放出、生化学的相互変換など、エネルギー産生や複雑な分子の合成が起こる。そして代謝の中間体や最終生成物は、不可欠なシグナル伝達機能も持っていて、栄養源に応じて細胞のシグナル伝達や遺伝子発現を調節している1,2。これらの代謝物がシグナルを伝達する方法の1つは、ヒストンなどのタンパク質の化学修飾である。このほどシカゴ大学(米国イリノイ州)のDi Zhangら3は、細胞の代謝物である乳酸に由来するラクチル化というヒストン修飾を発見し、Nature 2019年10月24日号575ページで報告した。これは、これまで知られていなかったヒストン修飾である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度