News

ソ連崩壊で炭素排出量が激減していた!

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190902

原文:Nature (2019-07-01) | doi: 10.1038/d41586-019-02024-6 | Soviet Union’s collapse led to massive drop in carbon emissions

Quirin Schiermeier

原因は、ソビエト連邦崩壊後の不景気により人々が肉を食べなくなり、畜産物の生産が減少したことだった。

1982年に撮影された旧ソ連の牛肥育施設。 | 拡大する

Nikolai Akimov/TASS/getty

1991年にソビエト連邦(ソ連)が崩壊したのを機に、温室効果ガスの排出量が大きく減少していたことが分かった。経済危機により、多くの人々が肉を食べるのをやめたからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度