News & Views

いたずらな微生物

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190936

原文:Nature (2019-06-27) | doi: 10.1038/d41586-019-01851-x | Microbes make metabolic mischief by targeting drugs

Kim Lewis & Philip Strandwitz

細菌が医薬品を代謝できるかどうか、さまざまな腸内細菌と広範な種類の医薬品について試験したところ、全ての細菌が複数の医薬品を代謝し、さらに、半数を超える医薬品が代謝されることが分かった。

拡大する

KATERYNA KON/SPL/Getty

全ての人にはそれぞれ違いがあり、薬物治療に対する反応にも、当然、個人差がある。通常、この差は主に、摂取した分子の解毒に特化した肝酵素の違いによるものと考えられている。そのような酵素は医薬品を代謝することがあり、その結果、医薬品の効果が低下もしくは消失したり、毒性が現れたりする。従って、ある医薬品に個人がどのように反応するかを知っておくことは、治療計画を立てる上で重要だ。しかし、この分野については古くから研究されてきたにもかかわらず、体内における医薬品の運命に関する我々の知識は依然として初歩的なものである。このほど、医薬品がどのように代謝されるかを理解するために、エール大学医学系大学院(米国コネチカット州ニューヘイブン)のMichael Zimmermannら1はヒトの腸内細菌にスポットライトを当て、Nature 2019年6月27日号462ページで報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度