News

人体はゲノムがさまざまに異なる細胞のモザイク

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190803

原文:Nature (2019-06-06) | doi: 10.1038/d41586-019-01780-9 | The human body is a mosaic of different genomes

Heidi Ledford

ヒトの「正常」な組織が、実際は変異だらけであることが分かった。

人体の皮膚は他の組織に比べてモザイクの度合いが高い。 | 拡大する

SPL/Getty

約500人から採取した29種類の組織に由来する数千点に及ぶ検体を包括的に解析した結果、人体は、さまざまに異なるゲノムを持つ細胞群からなる複雑なモザイクであり、それらの細胞群の多くは、がん発生につながり得る変異を持っていることが明らかになった。マサチューセッツ総合病院(米国ボストン)の計算生物学者Gad Getzらが2019年6月6日にScience で発表したこの研究成果1は、この種のものとしては過去最大規模であり、がん発生の仕組みのさらなる解明や、がんの早期発見法の探求に役立つことだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度