News

デニソワ人化石をチベットで発見

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190806

原文:Nature (2019-05-02) | doi: 10.1038/d41586-019-01395-0 | Biggest Denisovan fossil yet spills ancient human’s secrets

Matthew Warren

チベットで見つかった下顎骨はデニソワ人のものであることが、タンパク質解析だけで確認できた。今回の発見で、デニソワ人がシベリア以外にも広く分布していたことが裏付けられた。

標高3000mを超えるチベット高原で発見されたデニソワ人の下顎骨。 | 拡大する

DONGJU ZHANG, LANZHOU UNIV.

デニソワ人として知られる謎の古代ヒト族集団の骨として、史上最も完全に近いものがチベット高原の高地で発見された。年代が16万年以上前と測定されたその下顎骨は、シベリアの洞窟以外の場所で発見された最初のデニソワ人標本となっただけでなく、デニソワ人は化石記録から推測される以上に広く分布していたのではないかという仮説を裏付けるものとなった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度