News

グーグル出資の研究で常温核融合は見いだせず

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190807

原文:Nature (2019-05-27) | doi: 10.1038/d41586-019-01683-9 | Google revives controversial cold-fusion experiments

Elizabeth Gibney

常温核融合を検証する研究にグーグル社が出資し、実験が行われてきたが、核融合が起こっているという証拠は見いだされなかった。

常温核融合を見いだしたと1989年に主張した米国の化学者Martin Fleischmann(左)。右は米下院議員(1989年当時)のMarilyn Lloyd。 | 拡大する

MARGOT INGOLDSBY/AP/SHUTTERSTOCK

常温核融合の検証実験にIT大手のグーグル社(本社・米国カリフォルニア州マウンテンビュー)が2015年から出資し、カナダや米国の大学の研究者らによって実験が行われてきたが、核融合の証拠は見いだせず、その総合報告がNature 2019年6月6日号に掲載された。研究チームは、今回の研究は測定技術や材料科学の進展に貢献し、今後のエネルギー関連技術の研究に役立つはずとしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度