News

超深海にすむ動物のゲノムを初めて解読

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190603

原文:Nature (2019-04-15) | doi: 10.1038/d41586-019-01158-x | Snailfish is first animal from extreme ocean depths to get genome sequenced

Erin I. Garcia de Jesus

マリアナ海溝に生息する魚類のゲノム塩基配列から、超高圧下で生物が生きる仕組みの手掛かりが得られた。

2014年にマリアナ海溝で捕獲され、引き上げられた直後の マリアナスネイルフィッシュ(Pseudoliparis swirei)。 | 拡大する

SOI/HADES/University of Aberdeen/Dr. Alan Jamieson

マリアナ海溝の超深海にすむマリアナスネイルフィッシュ(Pseudoliparis swirei)は、体がぶよぶよで半透明のクサウオ科魚類だ。今回そのゲノムが、超深海の動物のものとして初めて解読された。この遺伝学研究の目的は、海洋で最も深いマリアナ海溝などの極限環境で暮らす動物が、どのような適応を遂げてそこに生息できるようになったのかを明らかにすることだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度