News Feature

細胞内の秘密の会話

細胞の機能を担う働き手である細胞小器官同士は、科学者たちがこれまで考えていたよりもはるかに盛んに対話している。

拡大する

DR GOPAL MURTI/SPL/Getty

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190614

原文:Nature (2019-03-14) | doi: 10.1038/d41586-019-00792-9 | How secret conversations inside cells are transforming biology

Elie Dolgin

細胞生物学者のJean Vanceが30年前に、細胞内の構成要素に関する基礎的な事象を発見した時、それに大きな関心を寄せた人は誰もいなかった。彼女自身も、最初はその発見を疑ってさえいた。彼女は当時、アルバータ大学(カナダ・エドモントン)で自分のラボを立ち上げたばかりで、1人で研究を行っていた。彼女は、細胞の発電所として働く「ミトコンドリア」と呼ばれる構造の純粋なバッチをラットの肝臓細胞から単離したと考えた。しかし、検査の結果、彼女の試料にはそこにあるべきではない何かが含まれていることが分かった。「大変な失敗をしてしまったと思いました」とVanceは振り返る。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度