News & Views

1つの抗体で全ての型のインフルエンザと闘う

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190427

原文:Nature (2019-01-03) | doi: 10.1038/d41586-018-07654-w | All for one and one for all to fight flu

Gary J. Nabel & John W. Shiver

さまざまなインフルエンザウイルス株(ヒトで流行を引き起こすA型・B型を含む)を認識できる改変抗体が作製された。全てのインフルエンザウイルス株に対する「普遍的な」防御の実現に近づいたのだろうか。

世界で最も多くの犠牲者を出した戦争の1つである第一次世界大戦では約2000万人の命が奪われた。しかし、第一次世界大戦が終結した1918年、世界はさらなる災禍に見舞われた。インフルエンザウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、推定で5000万~1億の人々が犠牲になったのである1。たった1種類の単純な構造のウイルスがわずか数カ月で、4年にわたった残酷な戦争よりも多くの人命を奪った。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度