News Scan

酔っ払いの記憶

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190406a

飲酒と記憶に関する定説に誤りあり。

犯罪捜査中の警察官は酔った目撃者からの事情聴取を控えるだろう。だが目撃者の酔いがさめるまで待つのは最善の策ではないかもしれない。たとえ酔っていても、1週間後に比べればよく覚えていることが新しい研究で分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度