News

再プログラム化したヒト膵α・γ細胞でインスリン産生

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190403

原文:Nature (2019-02-13) | doi: 10.1038/d41586-019-00578-z | Human cells reprogrammed to create insulin

Matthew Warren

通常はインスリンを産生しない膵細胞を、インスリン産生細胞に改変できることが報告された。さらに、この細胞を移植した糖尿病マウスで、糖尿病の回復が確認された。

膵島(中央)。 | 拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/Science Photo Library/Getty

血中のグルコース量を調節するホルモン「インスリン」を産生する膵臓の細胞が破壊されると、糖尿病につながることがある。このほど、インスリンを通常は産生しないヒト膵細胞(α細胞およびγ細胞)を再プログラム化してアイデンティティーを変化させると、インスリンを産生できるようになることが示された。改変細胞を糖尿病マウスに移植すると症状が軽減されたことから、この方法は将来ヒトの治療に応用できる可能性がある。この成果は、ジュネーブ大学(スイス)のPedro HerreraらがNature 2019年3月7日号で報告した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度