Editorial

元素周期表150周年

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190438

原文:Nature (2019-01-31) | doi: 10.1038/d41586-019-00281-z | Anniversary celebrations are due for Mendeleev’s periodic table

メンデレーエフが最初の周期表を発表してから150周年となる2019年は、化学の過去を振り返るとともに化学の未来に思いをはせる意義深い1年だ。

メンデレーエフが1869年に発表した周期律。 現在目にする周期表とは縦と横が異なっている。 | 拡大する

Universal History Archive/Getty Images

1869年にドミトリ・メンデレーエフ(Dmitri Mendeleev)が発表した化学元素の周期律は、一見したところ、現在の周期表にあまり似ていない。しかし、メンデレーエフは、元素を原子量順に縦に並べたものを何列かに分けて記載し、特性が類似したものが横に並ぶように表示しており、今日知られている象徴的な元素の配置の基礎は出来上がっていた。国連は、メンデレーエフのこの功績から150周年に当たることを顕彰するために2019年を国際周期表年として宣言した(ただし、現在の周期表が考案されたのは1940年代である)。Nature も、科学で恐らく最も有名な表である周期表について2019年1月31日号で特集を組み、150周年を祝った。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度