News

ニューホライズンズが見た太陽系「最遠の天体」

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190413

原文:Nature (2019-01-02) | doi: 10.1038/d41586-019-00006-2 | Cosmic collision created ‘snowman’ MU69

Alexandra Witze

NASAの探査機ニューホライズンズが、これまでで最も遠いカイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」の探査を行った。

「ウルティマ・トゥーレ」は2つの丸い部分からなる「接触型」の二重小惑星だ。 | 拡大する

NASA/JHUAPL/SWRI

雪だるまだ! 米航空宇宙局(NASA)の探査機ニューホライズンズが宇宙探査史上最も遠いカイパーベルト天体「2014 MU69」へのフライバイ(接近通過)を成功させ、最初の画像の一部が公開された。その天体は、2個の丸い部分からなる非対称な形をしているように見えた(訳註:当初の発表では、MU69は大小2つの球体が結合した「雪だるま」のような形をしているとされていたが、2019年2月上旬の発表で、大きい方は「巨大なパンケーキ」のように平べったく、小さい方は「へこんだクルミ」のような形であると訂正された)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度