News Feature

顔の探偵

Doris Tsaoは、脳が顔認識に使うコードを解読した。彼女は今、私たちが顔を含めた全てのものを見る仕組みを明らかにしようとしている。

拡大する

SAM COMEN FOR NATURE

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190316

原文:Nature (2018-12-13) | doi: 10.1038/d41586-018-07668-4 | How the brain’s face code might unlock the mysteries of perception

Alison Abbott

Doris Tsaoは顔認識の暗号解読を目指して研究生活を始めた。しかし、2018年9月の数週間、彼女は自分の顔の表情を抑えるのに苦労した。Tsaoは、名誉あるマッカーサー財団の「天才」賞を授与されたばかりだった。賞金は50万ドル(約5500万円)以上で、使い道は受賞者に任される。しかし、彼女は受賞を秘密にしておくことを約束させられていた。財団がカリフォルニア工科大学(米国パサデナ)の彼女の研究室に撮影班を送り込んできたときでさえもだ。興奮すると同時に困惑してもいた彼女は、うまい説明を考え出さなければならず、その間ずっと感情が顔に出ないように努力していたのだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度