News

森林火災後には真菌と細菌が爆発的に繁茂

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190303

原文:Nature (2019-01-16) | doi: 10.1038/d41586-019-00151-8 | Severe wildfires spark population boom in fungi and bacteria

Jennifer Leman

森林火災後の微生物群集の変化を理解できれば、生態系がどのように再生していくかを予想するのに役立つ。

2016年5月6日、フォートマクマレー(カナダ・アルバータ州)の森林火災で上空を覆い尽くす煙。火災が発生した森林の土壌中の微生物は立ち昇る煙の中の灰や塵に乗り、何千kmも離れた場所まで運ばれる。 | 拡大する

Darryl Dyck/Bloomberg via Getty Images

森林火災は、より大規模に、より高温に、ますます予測不能になってきていて、植物種や動物種に甚大な被害をもたらしている。研究者たちは今、細菌や真菌など森林にすむ極微の生物たちに火災がどのような影響を及ぼしているかを研究し、一部の微生物が激しい火災を生き延びていることを明らかにしようとしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度