News Feature

惑星形成理論の最前線

ガスと塵に包まれたままの、生まれたばかりの惑星を捉えた画像が、従来の惑星形成理論に異議を申し立てている。

拡大する

ESO/L. CALÇADA

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190310

原文:Nature (2018-12-06) | doi: 10.1038/d41586-018-07591-8 | These dusty young stars are changing the rules of planet-building

Rebecca Boyle

今から約10万年前、ネアンデルタール人が南欧の洞窟で暮らしていた頃に、宇宙で1つの恒星が生まれた。おうし座分子雲として知られる「星の工場」の中でガスの塊が自己の重力によって収縮し、おうし座HL星に核融合反応の火がともったのだ。余った物質は恒星の周囲で冷えて合体し、塵の粒子とガスを形成して、もやのようにこれを包み込んだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度