News

世界初、月の裏側で調査する中国の探査機

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190306

原文:Nature (2018-11-30) | doi: 10.1038/d41586-018-07562-z | China set to launch first-ever spacecraft to the far side of the Moon

Andrew Silver

中国の月探査機「嫦娥4号」が2019年1月3日、人類初の月の裏側への軟着陸を成功させた。この計画は、月の裏側の重要領域の調査、月の裏側からの電波天文学観測、初めての月面での植物成長実験など、いくつもの野心的な試みを行うものだ。

月の裏側の月面に着陸した、中国の月探査機「嫦娥4号」着陸機。2019年1月、月面ローバーが撮影した。 | 拡大する

China National Space Administration/China News Service/VCG via Getty Images

2019年初頭、中国の月探査機「嫦娥(じょうが)4号」は、これまで宇宙機が軟着陸したことがない、月の裏側(地球から遠い側)に着陸する。嫦娥4号は、2018年12月8日に四川省の西昌衛星発射センターから長征3号Bロケットで打ち上げられる予定だ(註:予定日に打ち上げられ、2019年1月3日に軟着陸に成功した1)。今回の計画の主な目的は、月の裏側を月面で調べること、中国の月探査計画「嫦娥計画」の次の段階に向けて技術を開発・蓄積することだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度