News & Views

ブタからヒトへの心臓移植に向けて一歩前進

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190336

原文:Nature (2018-12-20) | doi: 10.1038/d41586-018-07419-5 | Success for pig-to-baboon heart transplants

Christoph Knosalla

従来の異種移植の手順を改良することで、ブタの心臓を移植したヒヒを6カ月以上生存させることができた。この成果により、ブタからヒトへの異種心臓移植の道が見えてきた。

心臓移植が必要な患者の多くが提供臓器を待つ間に亡くなっている現状を打開するため、異種心臓の移植方法が研究されてきた。 | 拡大する

STURTI/E+/GETTY

心臓が全身に血液を十分に送り出せなくなる心不全は、世界規模の健康問題の1つである。米国では、心不全の成人患者数が2030年までに800万人を上回ると予測されており1、それらの患者の多くは提供臓器を待つ間に死亡することになる2,3。こうした臓器不足に対して考えられている解決策の1つは、移植にヒトの心臓ではなくブタの心臓を使うことだ。しかしこれまで、ブタの心臓を移植したサルは長期間生存できておらず、そのためこの方法はヒトで試すにはあまりにリスクが高すぎると考えられてきた。だが今回、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン大学病院(ドイツ)のMatthias Länginらは、異種間の臓器移植(異種移植)の手法に改良を加え、遺伝子改変したブタの心臓を移植したヒヒを初めて6カ月以上生存させられたことを、Nature 2018年12月20/27日号430ページで報告した4

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度