News

AIによる査読に集まる期待

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190209

原文:Nature (2018-11-22) | doi: 10.1038/d41586-018-07245-9 | AI peer reviewers unleashed to ease publishing grind

Douglas Heaven

AIによる査読は査読者の負担軽減に役立つが、最終的な判断を行うのは、やはり人間だ。

査読プロセス中の標準化された作業を自動化することができれば、査読者の負担は大幅に軽減されるはずだ。 | 拡大する

H. Armstrong Roberts/ClassicStock/Getty Images

従来の査読制度には問題点が多く、ほとんどの研究者が「時間を食う」「間違いが多い」「仕事の割り当てにむらがある(全体の20%の科学者がほとんどの査読を引き受けている)」などの不満を持っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度