News & Views

イオン風で飛ぶ飛行機を実現

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190235

原文:Nature (2018-11-22) | doi: 10.1038/d41586-018-07411-z | Flying with ionic wind

Franck Plouraboué

飛行機は通常、プロペラやタービンを用い、化石燃料の燃焼で動力を得る。今回、燃焼と可動部分なしに、電力とイオンの運動による風で飛ぶ飛行機が実現した。

イオンクラフト(あるいはリフター)と呼ばれる小型で軽量の装置は、燃焼や可動部分なしに空気中で推進力を得ることができる。イオンクラフトはこの数年間、テクノロジーマニアたちのソーシャルメディア上での議論で人気の話題になった。しかし、イオンクラフトの基礎になっている物理的メカニズムは1世紀以上前から知られていた1。空気中の電荷を帯びた分子が電場にさらされると、分子は加速される。この荷電分子が中性の分子と衝突すると、その運動量の一部を中性分子に移動させ、イオン風と呼ばれる空気の運動を引き起こす。マサチューセッツ工科大学(米国ケンブリッジ)のHaofeng Xuらは今回、イオン風による推進を使って定常水平飛行を持続できる、翼幅(左右両翼端の距離)5mの飛行機を実証し、Nature 2018年11月22日号532ページで報告した2。概念実証となるXuらの今回の実現は、今後の改良が必要ではあるが、従来よりも強化された推進システムの開発への道を開いた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度