News

試験管内の「原始スープ」からRNA塩基を合成

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191202

原文:Nature (2019-10-04) | doi: 10.1038/d41586-019-02622-4 | Lab-made primordial soup yields RNA bases

Davide Castelvecchi

地球上に現れた最初の生命体はRNAを主要成分としていたとする仮説を補強する化学的な証拠が得られた。

拡大する

MARK GARLICK/SPL/Getty

Thomas Carellの主張が正しければ、約40億年前の地球は、地表の大部分が灰色がかった茶色の物質で覆われていた可能性がある。それは普通の鉱物ではなかった。現代の科学者たちがアデニン(A)、ウラシル(U)、シトシン(C)、グアニン(G)と呼んでいる有機分子の結晶を含んでいたのだ。そして、Carellの説に従えば、その一部を材料としてRNAが生成し、DNAが出現する前の最初期の生命体の進化を駆動したと考えられる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度