News

細胞が酸素濃度を感知し応答する仕組みの解明にノーベル医学・生理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191206

原文:Nature (2019-10-07) | doi: 10.1038/d41586-019-02963-0 | Biologists who decoded how cells sense oxygen win medicine Nobel

Heidi Ledford & Ewen Callaway

受賞者3氏の発見は、貧血やがんなどの疾患解明の基盤となるものだ。

2019年のノーベル医学・生理学賞受賞者。ピーター・ラトクリフ(左)、ウィリアム・ケリン(中央)、グレッグ・セメンザ(右)。 | 拡大する

L TO R: UNIV. OF OXFORD; HARVARD UNIV.; JOHNS HOPKINS MEDICINE

2019年のノーベル医学・生理学賞は、細胞が酸素濃度の変化を感知して、遺伝子のオン・オフを切り替えることで応答する仕組みを解明した3氏に贈られる。この発見は、がんや貧血などのヒト疾患を解明する上で重要な足掛かりとなっている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度