News

ノーベル物理学賞は系外惑星観測のパイオニアに

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191207

原文:Nature (2019-10-08) | doi: 10.1038/d41586-019-02964-z | Physics Nobel goes to exoplanet and cosmology pioneers

Elizabeth Gibney & Davide Castelvecchi

2019年のノーベル物理学賞は、太陽に似た恒星の周りを公転する系外惑星を発見した2人の天文学者と、宇宙の進化を記述する理論を構築した宇宙論研究者に授与される。

2019年ノーベル物理学賞を受賞したディディエ・ケロー(左)、ジェームズ・ピーブルズ(中央)、ミシェル・マイヨール(右)。 | 拡大する

L TO R: UNIV. CAMBRIDGE; TORBJÖRN ZADIG; INAMORI FOUNDATION

宇宙論研究者ジェームズ・ピーブルズ(James Peebles)と天文学者ミシェル・マイヨール(Michel Mayor)およびディディエ・ケロー(Didier Queloz)が、宇宙の進化と宇宙の中で地球が占める場所についての発見により、2019年のノーベル物理学賞を受賞した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度